Web3.0コンテンツの作成はお任せください。
BitMartの宣伝金利

※米金融ライセンスMSB取得業者

$BTC/$ETHは年利100%

生態系を守って稼ぐNFT、Ecosapiensの始め方/稼ぎ方

NFT

免責事項:DYOR
当サイトは、暗号資産・NFT投資を勧誘することを目的としておらず、また何らかの保証・約束をするものではありません。
読者の方々の大切な資産に関する決定は読者さんご自身のご判断において行っていただきますようお願い申し上げます。

環境保護にはインセンティブ(関与するものへのメリット)が必要です。経済人モデルを取るのであれば、当然の議論でしょう。

NFTを所有するだけで環境保護に関与できて、稼げるWeb3.0エコノミーが誕生しようとしています。地球環境について貢献し、学び、そして次世代につないでいくNFTプロジェクトです。

今回解説するのは生態系を守るミッションを掲げるNFTプロジェクト「Ecosapiens」です。

Ecosapiens

Ecosapiensの掲げるミッションは明確です。地球環境の保護/改善です。

しかし、ビジネスモデルは今のところ理解が難しいものになっています。今は、炭素のバイバックを裏付ける法律がないため、Co2を排出する事業主と運営が交渉するフェーズと言えます。

ミッション

Ecosapiensの利益は環境保護のために使用されます。例えば、炭素を吸収しやすい木の植林、サンゴの白化予防、森林火災予防などです。それぞれ科学的なアプローチで挑みます。

初期投資額

EcosapiensのNFTを1つ以上購入することでプロジェクトに参加できます。

EcosapiensのNFTはローンチ前であり値段が決定されていません。イーサリアムネットワークを利用することによって2次流通、3次流通にもロイヤリティ収入を発生させ、脱炭素プロジェクトへ貢献させるスキームを取ります。

ROI

NFTをホールドする場合、気になるのが市場価値です。ROIを考える上で常に売却時期を検討する必要があります。

NFTを所持することで、L2E(Learn to Earn)やイベントなどに参加できる権利が発生します。

NFTステーキングの他、X2Eエコシステムが充実すればROIは高まるでしょう。

Ecosapiensの始め方

Ecosapiensを始めるにはNFTを所持しなければなりません。

イーサリアムネットワークで売り出される予定です。イーサリアムネットワークを追加したメタマスク、ガス代となる$ETHを準備しましょう。

EcosapiensでNFTを購入するプロセスは以下の通りです。

  1. 国内取引所で$ETH購入
  2. メタマスクへ送金
  3. NFT購入

国内取引所で$ETH購入

まずは国内取引所で$ETHを購入します。

どこでも良いですが、送金手数料が無料のところを選びましょう。

取引所ごとに値段も異なるので、最安値を比べてから購入して下さい。

メタマスクへ送金

メタマスクへ送金する際はネットワークを間違えないようにしましょう。

$ETHの場合はイーサリアムネットワーク、ERC20と表記されているネットワークを選択してください。

NFT購入

NFTは通常のNFTとエンタープライズNFTがあります。

個人レベルの炭素量を削減していくのであれば通常のNFTを購入しましょう。

企業レベルで炭素削減に取り組むのであればエンタープライズNFTを購入します。

Ecosapiensの稼ぎ方

Ecosapiensで稼ぐトークンはまだ未定です。

もしかしたら、$ETHや他のメジャートークンが稼げるかもしれません。ユーザーから見れば稼げるトークンがメジャートークンである方がいいに決まっています。ぜひ、良い方向に動いて欲しいと思います。

  1. ステーキング
  2. L2E
  3. 企業参加
  4. DAO参加

ステーキング

NFTをステーキングできます。ステーキング報酬は脱炭素活動、マーケティングの利益から支払われます。実ビジネスとWeb3.0が結び付けば大きな利益となるかも知れません。

L2E

L2E(Learn to Earn)は脱炭素、環境を学ぶことで報酬を貰うシステムです。環境保護、脱炭素の必要性や価値観などを学んでもらうことでEcosapiensのミッションに組します。

企業参加

大規模な脱炭素活動には、独自のカスタムNFTが発行されます。

企業の所有するNFTに関与することで利益が見込まるかもしれません。

こちらのスキームはまだ不明ですが、可能性に満ちています。

DAO参加

NFT保有者であれば、Ecosapiensのガバナンスに参加できます。Ecosapiensで集まった資金、リソースも分配していきます。

Ecosapiensの攻略

攻略するというより、無理なく貢献していく手順を模索するのが正解でしょう。もし、マネタイズに重心を置くと、崇高なミッションが崩壊していく可能性があります。それは全てのステークホルダーにとって不幸でしかありません。

まとめ

生態系保護、脱炭素活動は未来を生きる若い世代にとって、当然のミッションです。無碍にする理由はまったくありません。

一方で、若者だけにツケを回す現在のエコシステムはアクティブなままです。

Web3.0のイノベーションによって、若い世代が正当で適性な利益を得るためのエコシステムが成立することを願います。

また、Web3.0プロジェクトにおいて、マネタイズ勢力はどうしてもさけることができない現実です。崇高なヴィジョンに影を落とすのは、既存のエコシステムです。資本主義のアプローチを想定内としてプロジェクトが上手くいくことをお祈り致します。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました